ブログトップ

家 ト 花 ト

iwamotono.exblog.jp

カテゴリ:日々( 253 )

1日

今日は息子の文化祭で 
父と母を連れて中学校へ行きました

毎年の事だけど
自分の子じゃないのに泣いてしまう
合唱で手紙や3月9日歌われたら泣いちゃうよね

15歳の横顔はとてもとても美しかった

そして もう、子供じゃない 不思議な生き物に見えました

今年息子は何故か腕相撲をしていました。
隣にいた父は 興奮して大声で息子の名前を叫んでいました
息子の歌を聞きながらふと隣を見たら父は泣いていました
袖で涙を拭う父を見てみないふりして
息子と共に入学して 大人びた同級生たちを見ながら
なんとも云えない気持ちになりました

彼のお母さんになれて本当によかったな

小さかった息子を知る人に動画を送ったら
変わらないねって

f0214600_22323471.jpg


そうなの 変わらないの
今も変わらないわたしの息子

久しぶりに1日お母さんでいられました。



by iwamotosanno | 2018-10-27 21:59 | 日々

10.18

朝 思いもしない事があって病院へ

昨日の夜に
仕事から戻り夕飯食べて
一日を振り返る
同時にこの一年やってきたこと
誰かと話した事 感情を思い出す

沢山の出来る事がふえても
手に出来ないものがあったり

上手くできるようになった自分が
気持ち悪くなる

今 一度 

来年 気持ちを新たに
いろんな事を勉強したいし
ひとに会いに行きたい
知らない場所ではじめて見る景色も

今 一歩

今年話した 友人 すきな人 憧れる人
教えてもらった事が背を押してくれた

自分のつくる いろ濃い仕事がしたい

今までの10年をこれからの10年にと
やっと思えるようになった。

うれしい。


みなさん わたしと出来ることありませんか?
仕事しませんか?


f0214600_22285310.jpg





by iwamotosanno | 2018-10-18 21:58 | 日々

10.09

秋だからか
人肌恋しい
息子が小さな時には
寒ければ息子をぎゅうとしたら
よかったのに
最近は近付こうものなら
睨まれる
当たり前か 15歳だもんな

触っても怒らないひとを探します

ツルツルしてるより
かさっとした肌がすきだな

撫でて温度を感じて
気持ちいい
人じゃない 物も 

f0214600_23152399.jpg



by iwamotosanno | 2018-10-09 22:48 | 日々

沸点

いろんな仕事をしてきて
勿論 生きるためには
何個も 掛け持ち 同時進行 当たり前

必死に見えたんだろうな
現場の職人さんたちは
訳のわからない小娘によくしてくれた

ちびに食べさせなって
いろんなものくれたし
早く帰ってあげなさいって頑張ってくれた

男女平等 人権 
子育て生きるに必死な時は
そんなことは事 お構い無しです

だからこそ
ひとの手が本当に有り難かった
何よりあったかかった

生きてる人のそばにいたかった

心細かったんだな

そうしていたら 
人のつくるものの
手や時間が 本当に愛しくて

これだけ出来て当然なんて
思えなくなった

すぐに涙でちゃうし
(これは歳のせいかもしれません笑)

しあわせの沸点が人よりも低いのか
直ぐに沸騰するんですよね…笑

いいのか悪いのか

一緒に仕事するひとには申し訳ないなと思う
今日この頃です。

f0214600_18383645.jpg




by iwamotosanno | 2018-10-05 18:11 | 日々

チーズカツ

一昨日
カレーのトッピングにチキンチーズカツを揚げた
おつまみにひとつだけ残してねと息子に言ったのに
食卓にカツはなかった。
腹がたった
わたしたちはお互いひとりっこ
いつものんびりしている。
不思議なんだけれど
父や母がわたしのたのしみにしていたアイスを
食べたら ムッとする 拗ねる
でも息子が食べても腹が立つけど諦める
お母さんだから当然かとは思うけど。
また買いに行けばいいだけのことと思える。
これって何の違いでしょ?
カツは食べたかったけど
明日頑張って昨日より高い肉を買い
チーズカツ作って食べてやると思いながら寝て
手創り市に出た
その思いが伝わったのか
たくさんの人が植物を買ってくれて
チーズカツを忘れるくらい働いた
市場で仕入れたものより 雑草をいいという人が多くて
たのしかった。
お客さまの つくるを どう見立てるかの高さに
背筋が伸びた。
こういうのってわくわくする
ガッツポーズしたくなる。
稼いだお金を握りしめスーパーで肉とチーズ、爽を買い
息子にバナナと牛乳、コーンフレークを買い帰る
帰ると息子はいなかった
いつもなら帰る頃見計らいつくるごはん
今日は荷ほどきしてすっきりしてから
シャワー浴びたら陽に焼けてた。
誰に気を遣うこともなく
チーズカツ揚げてビールを呑みました。
寝る前には爽食べました
うまかったし明日も頑張れる

f0214600_05104878.jpg

そうして毎日はあっという間に過ぎていく




by iwamotosanno | 2018-09-17 04:27 | 日々

むかしむかし

神奈川の小さな町に店をつくりました。
その場所は最初から店だったわけではなく
作業場が事務所になり店になって。
最後にはアトリエになりました。
作業場を作った時はアトリエになるなんて思わなかったし
アトリエを持つような仕事をするなんて思っていませんでした。
普通のお母さんでした。

その時 その時 すきなもの並べました。
人も来なかったし売れませんでした。
けれど 自分が選ぶすきが段々と伝わって
少しづつ 少しづつ人との繋がりが出来ました。

今 奥沢に出来る お店のお手伝いをしています。
店主の彼女と床を削りながら
聞く彼女の言葉は なんというか
それが全てではないと思うけどすごく正直で
なんだか愛らしいと思いました。

素敵なお店は沢山あります。
きっとその全てにきっかけや歴史があって
比べる事は出来ません。
伝えたい事もかたちだって違います。

彼女が話してくれた気持ちが
じわりじわりと伝わるような
お手伝いが出来たらいいなと思っています。


何より今思えばわたしも店をやってよかったと思っている。
今は違うかたちでも
同じようなこと事をいろんな場所で出来ているから。

どんな仕上がりになるかたのしみだな。


f0214600_18503376.jpg






by iwamotosanno | 2018-09-15 18:16 | 日々

この夏

息子は15歳になった。
わたしは失敗ばかりして髪を切った

月曜日会いたい人の作品を見に行けた。
初めて会ったのは春でした。
つくるものの話やごちゃごちゃがすきな話
素材の話にいろんな色のはなし
デパートの物産展会場でふたりの頭の中は
もくもくもくと広がりました。
話しているとスルスルと繋がって 
これもできる 
これみたらきっとこうなる 
こうしたい
いい時間だった。
きっと誰に何云われてもつくるんだ
いいと思ってくれた人がいて
驚くけれど嬉しくて 
見てほしい 一緒につくろう
そう思う。
暮らしを 日々を 特別を
一緒につくる
物をつくるひと 使うことで空間をつくるひと
そこからは無限大で
共に音を奏でるように一緒に時間をつくる
それを見て聞いて感じた小さな人たちは
何をつくっていくんだろう。

わたしが日々落ち込んだりつくったりしている側で
息子は自分の時間をつくってる。
積み重ねたものが彼を通して
誰かの優しさや安心になったり
お金に代えられない何かになっていたらいいな。
ならなくたってがっかりしないけど

息子を産んだ瞬間痛ーいじゃなくて
気持ちよかった。
バンザーイと思った。

まだ、産んでと頼んだわけじゃないとか
親は選べないとか
クソババーと言われたことはないけれど
云われても構わない
わたしは自由に彼との時間を愉しんで
つくってきたから。

そう云われても母はハイハイと返すだけ。
準備万端だが、なかなかそんな展開にはなりません。

夏。


f0214600_23511258.jpg






by iwamotosanno | 2018-08-26 23:08 | 日々

夜中の口喧嘩

カレー小屋の準備で父の所へ来ている
つくる話をしながら
家族の話になったり 脱線するのは日常
そして終いには喧嘩になる。
本日は「 普通 」について。
父の云う 普通 が
なんだか無造作に括られた気がして嫌だった

普通って美味しいの?
普通って羨ましいの?
普通を与えるって何?

…っと云うと 父はうーん あーっと唸りながら
一生懸命に応えてくれる。

面白いから
ついつい本音を話しちゃう

母方の祖母がニュースから流れる
事件や出来事、天気に対して独り言のように
テレビと会話する
それを
一緒に見ながら何気なく話すのすきだった


意味ないようで意味あるすきな時間

f0214600_02173751.jpg






by iwamotosanno | 2018-08-18 01:57 | 日々

お盆ですね。

先日 友人と話をしていて
母の育児日記の話をはじめてした。

産まれる直前の話
病院での経過報告
母となった気持ち
育児奮闘記

ぐっと、くる…
と。
思うでしょう?

母の日記は違うんです。
確かに奮闘してるけど
違和感ある節々が笑

妊娠中 母は保育士で
毎日忙しく働きながら家事もして…と書きつつ
けれど 毎日遅くにしか帰らぬ夫をいいことに
ペヤングソース焼きそばと冷し中華を交互に毎日食べている それを記している。
いいのか?そんな妊婦
先生に怒られちゃうぞ。
そう。わたしはペヤングで出来ている。

これまた仕事復帰して 毎日遅くにしか帰らぬ夫をいいことに店屋物ばかりわたしに食べさせている。(日記が本当ならね)
風邪をひいたわたしに お粥ではなく 鍋焼うどんを出前してふたりで食べたと優しく書いてある。
覚えていないが日記の中のわたしも店屋物が当たり前になっていて
今日はどこにお電話するの?と聞いている(と書いてある)
店屋物は大好きですよ 悪くないです。
ただね  
若い頃 お嫁に行く頃かな
読んだ時にはショックを受けた笑
今はたまに読みたくなる。

わたしは母と仲がよくない
今は嫌われている

でもなんだかな
このままでいいと思っている

母がわたしをなんでこんなになっちゃったんだと死んでも
わたしも悔しくて云えなかった事を後悔しても

お盆ですね

親孝行してる人見るといいなと思う
立派な大人だ。

わたしはいつまでも父と母には勝てない

そんな話をTSUTAYA からの帰り道すると
息子は 俺も無理だなと笑った

みなさま 家族と喧嘩して食べてよく寝て泣いて笑って
ゆっくりとお休みください。


f0214600_08133093.jpg



by iwamotosanno | 2018-08-11 07:33 | 日々

1年

歳とると1年あっという間で
若い時のいつか こうなるこうなりたい
そんな事考える時もなく
やりたいことのためにただ、働いて
一日の終わりに
よかったよくやったと思い目をつむる

しあわせなこと

それは恐いけどやりたいと思えたあの時があったから
思い通りにはならないかもしれない
思っていたより難しかった
けれど 何もしないでは手に出来ない
ナニカは残った

そして そのナニカをどう使うかは
自分次第だし
誰にも真似出来ないものです。

いつかはない。
今しかない。

すごく勇気のいることです。
自分で飛び込む人 
誰かに背を押された人
事故。笑

何がきっかけであってもいい
その人の生きる時間の流れの中の今だったんだから

頑張ろう
やらなきゃわからない景色見るために
これやらなきゃこうならないなんてくだらない
やればいい
それだけ。


f0214600_20235845.jpg


シイたけぞう 一周年



by iwamotosanno | 2018-08-05 19:56 | 日々