ブログトップ

家 ト 花 ト

iwamotono.exblog.jp

18 june

少し生意気な事を書きます。
ただ、これは43年生きてきて
自分が歩いて感じた大切なこと

毎日の仕事や食べること人と生きていくこと
大変 大変 言うけれど大変だから 
心動いて向き合う人の奥行が沁みるのだと思います。

買い物をします。
手に取って 気持ちいい どう使おう 
愉しいです

食事します。
美味しいものが食べたいです

ここには自分の手だけではなく必ず相手がいます。
モノにはつくる人が
美味しいにもつくる手やヒトが

自分で全ては出来ません
自分を気持ちよくしてくれる
その相手をちゃんと感じる事が出来ると
大変な仕事もそうなんだそりゃそうだよねと思える

向き合うモノやヒト
その背景を知りたいし 
知ると大切に出来る

それは自分を労り 大切に
人からではなく
自分で自分を評価することに繋がるんだなと思います。
誰に見られてるからじゃなく
選び 自分に素直に生きること
気持ちよくなること身体全てで感じることは実感です。
ご褒美だなって思います。

闘ってるから美しいが見えるんです。
誰にも文句云わせません。

人の手でつくられたもの
人からしてもらうこと
こんなもんだって思うことは
自分はこんなもんだって云うことと同じだ。
それは嫌だ。
だって自分は こんな自分でも
誰かの大切な誰かだから


― 美しく在ることは手でつくるもの ―


by iwamotosanno | 2018-06-18 06:50 | 美しく在ることは手でつくるもの
<< 20 june 14 june >>