ブログトップ

家 ト 花 ト

iwamotono.exblog.jp

village mishima rakujyuen

二日間だけの街

village

暑い中ご来場くださいました皆さま
ありがとうございました。

この街はこれからどんな風になっていくんでしょう
たのしみになった二日間

じわじわと面白さ見つかるvillage
どう愉しむかは自分次第
今度はこんなことやりたい
そんな
何かやりたい気持ちが湧いてくる

街で会った
たくさんのお客さま
同じ小径のお店のご近所さん
心擽る街をつくった町内会(スタッフ)の皆さま
ありがとうございました。


f0214600_08241458.jpg

この小屋でカフェでなく赤提灯したいと
善兵衛

多分缶ビールが出てくるね。


# by iwamotosanno | 2017-07-19 07:57 | village

village mishima rakujyuen

15日16日はvillage 出店致します。

岩本家は梅の小径におりますよ。

父善兵衛の建てる小さな小屋で

f0214600_23473948.jpg



f0214600_23500180.jpg



f0214600_23503027.jpg

植物を販売致します。


三島でお待ちしております。




岩本家



# by iwamotosanno | 2017-07-14 23:43 | village

父 善兵衛 七十二歳 

当たり前に

うれしい
かなしい
たのしい

本を読んだり
映画を観たり
美しい景色をみたり
美味しいもの食べたりして

心が動く
涙がでたりする

誰から教わる訳じゃないのに。
不思議だなと思う
歳をとると、なんなら面倒だなと思うこともある
「 感情 」


わたしの側には
その感情に負けない好奇心を
いつまでもいつまでも持ち続ける人がいる

やりきってないからなのか
元々持って生まれたものなのか。
いつも凄いなと思う。

人の手や感情に素直に感動して
いつまでもわくわくしてる。

苦しい時
その素直さにどれだけ助けられたことか。笑

息子が何の仕事につくかはわからない。
けれど、既に軸は決まっていて
わたしはその言葉を信じている。

誰かの心がわくわくする仕事

その言葉に幼いなぁ なんて思いませんでした。
すごいなぁって思いました。

どれだけ大変かわかりません笑

でもその時、父に感謝しました。
共にそう育ててくれた父に。

あとどれくらい出来るかわからないけど
やる意味があるかはいつかわかるのかな笑
意味なんてなくていい

ただ、見たい
自分が見たい


village mishima rakujyuen

父の仕事が見られます
是非。


f0214600_10583799.jpg

             絵 しもかわしょうこ
わたしたちが受け継ぎます。

# by iwamotosanno | 2017-06-30 10:25 | village

ずっと

やりたかった 

夜の教室


はじめは教室を待っていてくださった方に
少しづつお知らせしていきます。


夜ですから
お酒が出たり
映画を観ながら
たまにゲストを囲んで愉しいことを



f0214600_22062883.jpg


夜 salon はじめます


# by iwamotosanno | 2017-06-22 21:48 | 教室

皐月

5月はあっという間だった

もう6月ということは半分?

幼い頃のあの長い
一日
給食までの授業時間
ずっと続くような夏休み

どこにいったんだろう。笑

今は大切な約束を
あと何日…
と思う時くらいだ。


あとの半分はもっと早い気がする


f0214600_00285720.jpg




# by iwamotosanno | 2017-06-02 00:15 | 日々