ブログトップ

家 ト 花 ト

iwamotono.exblog.jp

八 八


実はわたしひとりでの企画展は
すごく すごく 久しぶりのこと

いろいろ出掛けてはいるものの
ひとりでは 久しぶりのことなのです

自由にと云っていただいたので
遠慮なく。
すきなようにやらせていただきます。

来週はいよいよ仕入れに
愉しみでなりません。
ドライフラワーに生花
植物以外の物も合わせて
わたしのすきなものをすきなように継ぎ、合わせ
「花屋」という空間をつくります。
仕入れ以外にも採取に行きますよ。

その空間の中で
Chipakoya オヤツを食べながら
ワークショップも出来るんです。
どれも簡単に出来るものばかり
飛び入り参加も大歓迎

明日よりワークショップ内容を
こちらでご紹介していきます。

f0214600_22594014.jpg

彼女の撮ってくれた写真
ぐっときて よいものにしたい闘志が。
これ 一番大切なこと。


花屋 at chipakoya



# by iwamotosanno | 2017-08-08 22:10 | 花屋 at chipakoya

八 七 plus 花屋 at chipakoya

お知らせ

九月のはじめ
Chipakoya kichi に
三日間限定の花屋をオープン致します。

f0214600_21594642.jpg

大きな窓 柔らかな陽が気持ちよく
居心地よいkichi の中を植物でいっぱいに。
この日のためにわたしが選ぶ植物
美しい枝や乾いた草花や実等
お持ち帰りいただいた後 
自分だけの空間をつくっていただけるような
花屋 at chipakoya  どうぞ おたのしみください。


日程 2017年 9/2(sat) 3(sun) 4(mon)
時間 11:00 - 18:00
場所 Chipakoya 〈kichi〉 
  〒422-8062 静岡市駿河区稲川2-9-8 1階
              (森下公園西側)   
交通 JR 静岡駅南口より徒歩6~7分〈*駐車場なし〉
(お車でお越しの方は近隣の有料コインPをご利用ください)
*当日はchipakoya さんの瓶詰めや焼き菓子も少しだけご用意いただけるようです!
*イートインスペースのご利用は出来ません
(かき氷とドリンクもお休みです)

f0214600_21252570.jpg


当日はドライフラワーをつかい
布 古箱 培養瓶の中に「空間」をつくるワークショップ
~Chipakoya salon ~を同時開催 
〈日時〉
9/2(土) 3(日) 4(月) 各日3部構成
・1部  11:00 ~
・2部  13:00 ~
・3部  15:00 ~
〈定員〉
各回6名/ご予約制
*時間帯により当日飛び入り参加も可能です(お待ちいただく場合もございます)
〈参加費〉
○おひとり様 2600円 (当日現金払い)
WS参加費(材料代含) + オヤツ・ドリンク付き
○飛び入り参加 おひとり様 1800円 (当日現金払い)
WS参加費のみ(材料代含)  (オヤツ・ドリンクは付きません)
〈場所〉
Chipakoya kichi
〈ご予約方法〉
予約受付開始 → 8月20日 20時~
ご予約希望の方は以下をご記入のうえ
下記専用メールアドレスまで送信ください

・ご希望日 時間 (記入例→9/2(土)の2部)
・お名前 (ふりがな)
・ご住所
・メールアドレス (その後の連絡事項はメールで行います)
・連絡先 (当日ご連絡のつく携帯番号をお願い致します)
 
[ご予約専用メールアドレス]
chipakoya.hana@gmail.com

*ご予約の受付はメールのみとなります
*おひとり様のご参加も大歓迎です
*満席となりました時点で受付終了とさせて頂きます
*ご予約後のキャンセルはご遠慮ください

今回のワークショップはおひとりおひとり違うものが選べます。内容やサンプルはこのブログでもお知らせしていきますのでご覧ください。

花束 
スワッグ
小さなリース
蜘蛛の巣
培養瓶
古箱

いつもと違う草木溢れるkichi の中で 
Chipakoya オヤツ と Chipakoya サロン 
是非是非ご参加ください。

# by iwamotosanno | 2017-08-07 19:24 | 花屋 at chipakoya

八 七 立秋

台風が来ている
三半規管が弱いため 
ふわふわ ふわふわしている
横になりながらあれこれを少しづつ片付ける

植物を乾かす時
生活の中で視線に入る場所に置いておく
そして観察しながら整えたり
解体しながら別々に乾かしたりを
料理しながら 洗濯物をたたみながらする。
日の明るさが移りゆく中で見え方が違うから
今。と思う時に心に留めたり写真にしたりする。
自分の頭の中に
こう見ているを積み重ね
どう見せるかを考える
裏返してみたらそのほうがすきな時もあるし
花より葉の形や萼の方が美しいものもある。
建物や空間も同じで 全てを見ているようで
実際頭の中では細かな部分を省いて置いてみている
これはもうわたしの日常で
止められないこと笑

それがはじめから共有できることは
なかなかないのですが
それが出来たら
更に更によいものになる気がしています。
もっと違う目線で挑戦出来たり
探る事に全力を注げる。

自分の目線
そのままをかたちとして表現することは難しい
けれど、それに少しでも重なる人がいると
なんとしてでもつくりたいし
見せたいと思ってしまう。
それを見て触れて愉しみ 
そこから誰かの何かに繋がるならば 
何も云うことはありません。


f0214600_13134529.jpg


秋から
いろんな場でわたしの視線からなる空間をつくります
少しでも多くの方とお話できるといいなと思っています。



# by iwamotosanno | 2017-08-07 12:24 | 花屋 at chipakoya

八 六

昼間暑過ぎて 気持ちが悪くなり
お昼寝する 
暗くなってから
小籠包食べたいと云うので
ノロノロと皮を捏ねて
のそのそと餡をつくる
夏休みだからね 
早く寝なくてもよいから
ゆっくりつくる
寝かせた生地
二人でテレビをなんとなく見ながら伸ばす
もちもち
すべすべ
気持ちがいい

小さな頃
息子は眉毛の間を撫でてやると
気持ちよさそうに寝た
わたしのガサガサな手を
さすりながら寝てた
わたしは母の耳たぶを触らないと寝れなかった

今もたまに耳たぶ触りたくなる
耳たぶってなんで たぶ なんだろう
ももたはなんで た がつくんだろ


f0214600_22364516.jpg


思わず触れたくなる
柔らかいのかな

どんな状態か触る
今は水からあげる時か
もう少しそのままにするか
手で会話するみたいに


# by iwamotosanno | 2017-08-06 22:15 | 花屋 at chipakoya

八 五

今日はひとりコント
買い物に出ようとしたら財布を忘れ
取りに戻ったら
右は自分の
左は息子のビーサンを履いていた
途中まで気付かなかった笑
もぅ…っと思いながら履きかえながら
自分が何を急いでいるのか可笑しくなった


急いでも埋まらないし
余計な仕事が増えるだけ

この歳になってもね。
情けないな。



f0214600_21392695.jpg




植物や物を並べる時
空間をつくる時
ここだって思える感覚が
少しでも違うとこに働けば 
うまく出来るのだろうか…

悩ましい。




# by iwamotosanno | 2017-08-05 21:21 | 花屋 at chipakoya