ブログトップ

家 ト 花 ト

iwamotono.exblog.jp

なんとなく

お互いを知っていて

深く話す機会もないまま時は過ぎ
ふとした事から
お仕事を共にする

そのくらいの繋がりが自然でよいなと
思う今日この頃

久しぶりに愉しみなお仕事を頂きました。

彼女の日々。
 
f0214600_23160829.jpg


彼女の家族が大切にしてきた場所に
父と扉をつくりに行くことになりました。

なんだかすごくよいものになる気がして
あれやこれや考えたいっ

…ですが、その場所の空気を吸って

感じて

話をし
出来るものをかたちにしたいと思ったので

今は敢えて考えない。

むずむずするけど考えない。 

早く皆さんにお見せしたい。


f0214600_23182123.jpg


先ずは先代にご挨拶しなくては!



# by iwamotosanno | 2017-05-08 22:56 | 善兵衛

village mishima rakujyuen



f0214600_22445420.jpg


二日間だけの街

父善兵衛と参加致します。

父のつくるどこでもドア
古い額 箱

わたしは花を


岩本家
f0214600_22493142.jpg


どうぞお愉しみに

夏は三島に 



# by iwamotosanno | 2017-05-05 22:53 | village

旅日記 終

朝 鳥の声で起きる
そういえば朝 
彼女に電話すると鳥の声が聞こえたっけ。


父と彼女と朝ごはんを頂く
彼女の作ったお米が とってもおいしかった。

どこにいても 彼女は彼女らしく
こうして暮らしていくんだなと思うと安心して
どこにいても 会いに行くだろうなと思う。

種まきに行く彼女に見送られ
もうお一方の場所へ。

彼女も彼も自分の場所があり
日々淡々とつくることを繰り返す 

なんて美しいんだろうと思いました。
そのかたちつくられる先に見える景色を見たことで
より深くより愛しく大切に使える


f0214600_21114478.jpg




父と娘
何よりの贅沢な旅をしました。 

帰り道
父が考え込んでいるので
聞いてみると
落ち込んでいると…

!?

場所は一日では出来ないし
自分より若い者たちが 
こうやって一生懸命生きている
自分は何をしてきたのかな…って。笑

凄いなぁ…って 心から

それを聞いた時
わたしたちはなんと幸せな時代を生きている

そう 思いました。
ふふ。


さて。
この旅がどのようにわたしたちの中で変化して
どうかたちつくるのか。
時が来た時にまたお見せ出来たらうれしいです。





# by iwamotosanno | 2017-05-01 20:41 |

旅日記 続



f0214600_00171780.jpg


彼女の場所は
玄関を開けた時 
彼女の日々
温度を感じるところでした。

この窓から日々季節を見、感じて出来たもの
「場所がいい」ではない
この場所に「在る彼女」含めた気配が
「いい」のだなと。

彼女のつくるものを
使う度にふと思い出すと思うこの場所。

来よかったなと思う。

彼女と鋏を持って散歩をした
彼女のつくる場所でまだ冷めない窯の傍で話をした
表現の材は違えど
伝えたい温度、在り方、日々と創作の境目
目盛りでは測れない感覚は
誰にでも話せることじゃないから
うれしくて濃い話をしたように思う。


f0214600_00183094.jpg

ひとり散歩に出ていた父が帰ってきて
夕飯を作った。
彼女のごはんはどれも、美味しくて
器に盛るのも、お膳に並べるのも愉しかった。


f0214600_00192945.jpg


気持ちよく酔いがまわりはじめた頃
客人到着。
旨い酒 男の料理が振るまわれる
更に酔い 話が弾む
父がいると聞きたい話が進まず。笑
早く寝てくれないものかと何度も思う
念じながら父を見るが願い叶わず…
ご機嫌な父。
嗚呼…

やっと寝てくれた頃には
自分がベロベロになってました。

f0214600_00203427.jpg


共に食卓を囲む
それは、わたしたちには大切な儀式のようなもの
よい時間を過ごしました。



# by iwamotosanno | 2017-04-30 23:38 |

旅日記

桜散る頃
父とふたり旅

f0214600_07095068.jpg


久しぶりに父を助手席に乗せて出発
楽しいらしく ずっと喋ってる
次から次へ話は変わる
話の途中で突然、地名を叫ぶので
気を抜けない
危ないから。笑

父は高速が嫌いなので
下道をとろとろ行くのが我が家の旅

走りながら次の仕事の話をしたり
何か閃いたり
長旅も苦じゃない。
子供みたいな老人(父)と。

まだ誰も歩いてない時間
知らない道を散歩する

目的の美しいひとに会う前に
道の駅にある温泉で一番風呂
お清め。
ソフトクリーム買ってくれた。
娘は四十を過ぎても娘である。

向かえに来てくれた久しぶりの彼女に
ふたりで
ニヤニヤ
デレデレ


道の駅でなんでもない弁当を買い
近くのお山(城址跡)で食べた。
その弁当がまたびっくりするくらい美味しくて
半分あげるねといいながら半分以上食べて
父にそっと渡す。
お山から見渡せるその小さな町は
すごく素敵でいっぺんですきになった。


f0214600_07104464.jpg


隣で遠くを見てる彼(父)も同じようだった。
写真は美女と老人
指差し確認中。

つづく。



# by iwamotosanno | 2017-04-29 06:40 |