ブログトップ

家 ト 花 ト

iwamotono.exblog.jp

怒られた。

息子に怒られた。

「そりゃもっともです」 ということで。

泣きながら自分の気持を話してくれた。

本当は 「だって・・・」と言い訳もしたかったし 

そうしたい理由も自分の気持も話したかったけれど

腕の中の精一杯の感情に 何も言えなくなって ふと考えた。

自分が子供のころは 何でかなんて 大人の理由はわからないし聞きたくなかった。

ただ ぎゅうっとして 褒めてもらいたかった。

ただ自分の気持を受け止めてほしいだけだった。

だから して欲しかったようにやってみた。



いつのまにか寝てしまった息子はもう 抱っこしきれないくらい大きくなり

わたしにたくさんのことを教えてくれる。



養源寺は もうすぐギャラリー部分が出来上がり アトリエをつくり始めます。

出来上がった時には 息子に褒めてもらいたい。



f0214600_2215211.jpg



               このくらいの広さでいいよね家って。
 
               2010 善兵衛 小屋  「清水家」
# by iwamotosanno | 2012-09-10 22:21 | 養源寺

現場

いわもと : 生まれ変わるなら 次は何がいい?

くまちゃん: 樹木。

いわもと : わたしは草がいい。

ふたりとも 人じゃないんだね(笑)
ふたりとも ひとりっこ

*くまちゃん・・・普段はデザインをするひと 何故か今回は木を切ったり トントンしたりしている。 親方と仲良し。

こんな会話をしつつ 今日もおわった。
左官屋さんのよい仕事に 今日は一気にイメージが湧いてきました。 (トイレだけど・・・)
ここに何が足りなくて なにが必要なのかもわかってきました。


f0214600_21511467.jpg


本日もみなさま ありがとうございました。

養源寺 手創り市サイトも見てくださいね。 http://www.andscene.jp/
# by iwamotosanno | 2012-09-08 21:54 | 養源寺

弘法大師

歴史ある養源寺の弘法大師さま

今日は弘法大師さまの場所考える。

親方たちといろんな角度から見てみたりやってみたりして考える。

この建物の中で一番大切な場所である。

戦争も災害もこの場所で地域の人々を見つづけてきたその目は

恐ろしい程静かで深い。

小さな身体に纏う雰囲気

時を忘れ ずっと見ていたくなるような姿なのです。

早くこの場所に大師さまがいる様を見たい。

そう思いながら今日は現場におりました。
# by iwamotosanno | 2012-09-01 21:34 | 養源寺

ほんの合間

仕事と仕事の間に家のことをして 

そのほんの合間に ちびと話をしたり宿題をみる。

一緒にいるとあっちこっち話がとんでしまい脱線ばかり・・・(笑)

さっき 

息子  「おかあさーん」
わたし 「なんですか?」

息子  「数字の2を3にする方法知ってる?」
わたし 「・・・」

息子  きらきらした目でこちらをずっと見ている・・・。
わたし 「・・・」

息子  見ている・・・。
わたし 根負けして 「勿論知ってます。 たくさん失敗してきてるんだから」

     2を3に書いてみせる

息子  「ピンポーン!」
わたし あまりうれしくない・・・。

こんな具合に。
こんな話をしながら 気付くことがあります。
だから 大切な時間です。


養源寺は大体の枠組みができてきました。

これから ここでどのような時間が流れるのか 考える。

ひとつひとつ 話して 諦めないで考える。

山田さんと一緒に。


      
# by iwamotosanno | 2012-08-31 11:29 | 養源寺

ありがとうございます。

養源寺の現場には まいにち大工さんをはじめ

いろんな職人さんがやって来る。

いろんなご縁を繋げながらの 「はじめまして」 の多い仕事場となりました。

こんなに大きな工事になるとは思いもしなかったので

わからないこと はじめてのこともあります。

それでも わたしに丁寧に教えてくださる職人さんたち。


最初に大工さんとおはなしをしました。

これから この場所がどんな風に どんな人たちがやってくるのか。

今度は仕事の合間に大工さんが一服しながら他の職人さんとその話をしてくれる。

それを 愉しみながらやってくれる職人さんたちと出会えた事を本当にありがたいと思って現場にいます。 


うーん うーんと唸りながら答えを出して ひとつひとつやっています。

大変なのは当たり前。

それにお付き合いしていただいている方々と 今回お仕事できたことが今回のご褒美と思っております。

あと一月 宜しくお願い致します。

ありがとうございます。
# by iwamotosanno | 2012-08-26 17:04 | 養源寺