ブログトップ

家 ト 花 ト

iwamotono.exblog.jp

カテゴリ:花と喫茶( 6 )

花と喫茶

青梅雨を

見て 

味わい

感じ 

愉しんでいただけましたでしょうか。

今回 たくさんの方に見ていただけたとのこと。

皆さま ありがとうございました。

最終日には 貴重なお話ができて とてもうれしかったです。


藤間さんのつくる青梅雨は 胸がぎゅっとなるような青

わたしのつくる青梅雨は 梅雨時期の厚い雲のような白が多かったように思います。


わたしは藤間さんのつくるものがすきです。

安心します。

またご一緒できるような自分でいたい

そう 日々を過ごしたい

彼女は わたしにそう思わせる。

とても可愛らしく笑うのに つくるものに漂う 彼女の力強さに ぐらぐらする。

刺激されます。

マズイなと思うのです。

ふふ。

そんな彼女ととの 花と喫茶 

愉しんで挑みました。

とてもよい積み重ねとなりました。




ありがとうございます。




                        


                                2012  青梅雨に

                                いわもとまきこ
by iwamotosanno | 2012-06-26 18:34 | 花と喫茶

本日

最終日 


花と喫茶


お時間ありましたら是非に。
by iwamotosanno | 2012-06-25 08:16 | 花と喫茶

息子と 花を わっさわっさと運んでいると

いろんな人が振り返る

そして声をかけてくる。

今日は お婆さんに二度声を掛けてもらった。

「すてきねー きっと素敵なものが出来るわね」

「これは本物?」

どちらも ふたりにとってうれしい言葉だった。

なんだか 恥ずかしくも温かな気持で花を運ぶ。

わたしが 支度をする間に飽きてしまい 「来なければよかった?」

と聞くと 涙ぐみながら首を振る。

そんなところが息子のすきなところである。



今日飲んだ青梅雨ブレンドが今の身体に沁みるように美味しかった。






「花と喫茶」
by iwamotosanno | 2012-06-20 22:20 | 花と喫茶

雨の日は

無理をしなくていいと

自分で決めている。



何故ならば

無理しても空回りしてしまうのである。


子どもができて 自分の時間というものがなくなった時に

パニックになった。 (今は自分の時間ってなんでしたっけ?と思う。笑)

もともとの器が小さいうえに その三分の一しか出来ない自分に成す術もなく。

頭の中の理想では これだけ出来る!と思っていても出来ないものは出来ない。

残念です。

ただ・・・

楽になりました。

楽になった途端 愉しくなりました。

雨の日は 無理しないで おいしいものを食べて過ごす。

雨を ぼぅ・・・ と見ながら 花と喫茶
by iwamotosanno | 2012-06-18 18:05 | 花と喫茶

梅雨

入梅しましたね。

 


この時期の緑は ぎゅぅっとした緑

雨が降ると 匂い立つ 草の香り







花と喫茶
by iwamotosanno | 2012-06-11 16:57 | 花と喫茶


わたしはひとりっこで 息子の歳には鍵を持って学校に行っていた。

ひとりでいるのは 苦痛ではなかったけれど 

今思うとずいぶんと 情緒的な子供であったなと恥ずかしい。

雨の日には 

家の前を流れる川のかさが増してくるのをずっと見ながら怖い想像をしていた。



美しいものは 怖い。
植物も壮大な自然も動物も人間も。
その造形が美しければ美しいほど。

けれど手を伸ばして触れてみたくなる。


なにかつくる時に思う たのしいだけでない怖い気持に似ています。





花と喫茶
by iwamotosanno | 2012-06-09 18:40 | 花と喫茶