ブログトップ

家 ト 花 ト

iwamotono.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 9 )

八 十八

小さなリース
 
可愛いいリース

葉っぱだけでも

リースにお花をちょんっとつけても

f0214600_21563309.jpg

chipakoya salon

ご予約頂いたお客さまには
chipakoya オヤツとドリンクつき

其々お選び頂いただけます。

作業時間 一時間
大きさ  直径五センチをふたつ
     又は手のひらサイズひとつ

f0214600_22024743.jpg


ご予約は20日から
花屋 at chipakoya
by iwamotosanno | 2017-08-18 21:42

八 十七

朝 バタバタと息子に食事をさせて
保育園に送る
店を整えて メールのやりとり
現場があるときは段取りに行き 
あとは店で仕事する。
息子に熱が出れば店のソファーに寝かせて
仕事をした。
ぽつりぽつりと来るお客さまとお話したり
打ち合わせをしたり
毎週小さな教室をした

十年前の毎日
小さな町でそうして小さく暮らしていた

この度 静岡で花屋をします。

 
f0214600_23400029.jpg


朝 店を整えて 
花を売り 
ワークショップを致します。
人がいなければ休憩し 
店のレイアウトを変えたり
ご要望があれば花束つくりますし
外で立ち話したり
お持ち帰りいただけるリースをつくるかもしれません。
 
来ていただいたお客さまで店は変わるかもしれませんね。
時間も
空気も

どんな風に chipakoya での1日が流れるのかは
わかりません。
それが本当に愉しみでなりません。

花は乾いたものも生花も枝ものも
実ひとつでもお売りします。
ワークショップは随時お受けしておりますので
(お席に限りがございますので、お待ちいただく場合もございます。)
やりたいものをお選びいただき
個々にお話しながら進めます。
ご予約いただいた方にはchipakoya オヤツがつきますよ!



ご予約は20日から。
花屋 at chipakoya

by iwamotosanno | 2017-08-17 22:49

八 十六

朝ラジオ体操
退院してきた母に笑われる

夜中ラジオ聞いてた息子は起きてこない
ので。
仕事する

早めに昼ごはんつくる。
冷麺にたーっぷり野菜を入れたら
これはサラダですか?と息子
旨ければよいのだ。

打ち合わせに出た
雨が冷たい


植物の置き方を変えながら
様子を見る

鯖を揚げながら
映画見てる息子の顔を見る


太った? …笑

夏休みは毎年仙台に一月いた
帰る頃、わたしの顔はいつもパンパンだった


f0214600_00002414.jpg
月桃

明日からまたchipakoya のワークショップ
ご案内致しますね。



by iwamotosanno | 2017-08-16 23:40

八 十五


f0214600_22481569.jpg


何故 こんなに美しいのでしょうね

何故 自分は今 
それを伝える仕事をしているのでしょう

はじめは自分が自分をすきになるために
次は誰かと共に生きるために
そして今はまた自分のために

仕事から生きる事を 意味を
もらいました。


ひとりの人間が考えを持ち自らの価値をつくり
どう生きていくかを想像する。
それは当たり前のようで
そうではない。

それは誰かがつくってくれた路だ
何でもない 自分が
その中で苦しいや哀しいや悔しいを経て
見つける答え
その姿は本当に美しいし
尊い


植物の
繋ぐためにただ生きて
強くある
その容 におい 色 に
ただただ 動けなくなる
安心する


その美しさ知ってほしいし

これは仕事だけど忘れたくない
自分の軸であります。


なんでこんな容に?

人の顔も然り

面白くて
愛しい
植物

花屋 at chipakoya



by iwamotosanno | 2017-08-15 22:47

八 十四

今日は1日車に乗っている。
朝 花の仕入れに
その後 静岡へ来ています

一番道が混むと思われる今日に。笑

長い道のり 思うままに話す。
父と娘 

ふと父が、夏休みの自由研究の話を振ってきた
今は大企業が、大きな海辺の会場で
自由研究のイベントをやるんだと。

そもそも自由研究とは
子供たちの何を知るべく学校は出すのか?
どんな意図があるのか話す。
もうそこで面白い。

個性かな…
とりあえず暇だからはないよね…とかとか

小説書いてくる子とかいたな
内容は…覚えていない。
自由ですからね
訳のわからないもの作り先生困らせる子とかね
いたな。

真面目かと云われると
ちょっと自信ないけど
自由ではありました。笑
昔は

父の時代からあったって。
えっ 60年前から?
ラジオ作ったって?
ほんとに?

今でも酔うと自慢話が長い父
わたしはゴニョゴニョゴニョ…
しかも記憶も定かじゃないし。笑
息子は3年間 発酵 について研究

みんな其々

夏休み 終わっちゃうね

すきな人の自由研究
聞いてみたい


ただの日記になってしまいましたが
夏休みということで。


f0214600_21214476.jpg




by iwamotosanno | 2017-08-14 20:42

八 十二

温かいより
少し冷たい方がすき

植物の美しさは生々しさも含めてのこと

細く儚い針金で
蜘蛛の巣を編む

f0214600_23454718.jpg


Chipakoya salon

ご予約いただいた方は
Chipakoya オヤツとドリンクつき

ワークショップは其々お選びいただけます。


作業時間 一時間程
大きさ  直径五センチを二個
     又は手のひらサイズひとつ


ご予約は20日から
花屋 at chipakoya




by iwamotosanno | 2017-08-12 23:39

本日



手創り市
天候不良のため中止となりました。



f0214600_06125305.jpg



残念です。




by iwamotosanno | 2016-09-19 06:05

長く

働いていた書店を退職することを決め
息子を連れてご挨拶に行きました。

中学の制服を着て来てくれた。
わたしが働いたお金の意味を息子には話してきたから
展示も行商も現場もなるべく見せてきた。
だから本屋も見て欲しかった。

毎日共に働く人は勿論
息子が小さく 必死に働いていたわたしに声を掛け気にかけてくださった方に 息子の成長を見てもらいたくて
皆さんが働いている環境は、必ずどこかに繋がっている
よい職場ならそこに繋がる家族をも育てる場になると
身を持って感じてきた。その事を伝えたくて。

ただただ感謝しかありません。 

仕事途中にも関わらず
缶コ―ヒ―と息子にも好きなもの買いなさいと
小さな休憩室で 胸がいっぱいになるようなお話を聞かせてくれた。
息子は黙って聞いていた。
最後に握手したときに
お母さんの この手が 柔らかくなるように
頑張りなさいと 云われ
頷いた息子

涙が止まりませんでした。
長い時間付き合わせた息子に 大丈夫?と聞いたら
お母さんは幸せだねと云われた

生意気。笑

でも、いつかあなたもそういう場をつくる時が来る
誰かの大切なひとに繋がる場所を。
面白い人 強い人 助けてくれる人
彼がどこになるかはわからないけれど
この実感を味わえるといいなと思います。

働くっていうこと


f0214600_12370093.jpg




お世話になりました。




by iwamotosanno | 2016-08-20 11:58

近くにある

小さな美術館
今日は子どもが入ってもよろしい日

来る度に住みたいと思う(笑)

薄暗い部屋の中から見る景色
外の夏の陽射し
蝉の声

美術館の企画で息子は展示を見て感想と絵を描いている。
人の手でつくられたものを見て
心動き 自分もうずうずする。
子どもも わたしも同じ。

しかし暑いですね。


f0214600_12111174.jpg


育ち過ぎ(笑)



by iwamotosanno | 2014-08-03 11:55